Good Management System in company

無料で出来る相談

保険相談は無料で出来るので、いつでも疑問に思ったことがあれば気軽に相談することが出来ます。様々な種類がある保険ですが、相談することで自分に適した保険を見つけられるのです。

詳細を確認する

保険金の金額を相談

保険へ加入する際には、どれくらいの保険金が受け取れるのか気になる人は多いでしょう。しかし、保険金を多く受け取れるからと、自分に良い保険であるとは限りません。保険相談へ受け取り金についても相談してみましょう。

詳細を確認する

数ある保険会社

最近では保険会社も増えており、様々な種類の保険会社あります。その際、今加入している保険見直しすることも大切で、保険相談で見直しについて相談してみると良いでしょう。

詳細を確認する

生命保険の保障額

入っていると安心の三井住友海上火災保険の特徴を知っていますか?知らない方は口コミサイトを見て学ぶと良いでしょう。

死亡保障の見直しについて

生命保険の死亡保障ですが、必要保障額をよく検討しないで加入しているケースが多いのです。とりあえず受け取れる金額が多ければ安心という考えは捨てたほうが良いです。一般的に必要保障額は、現在の生活費の70%が基準になります。それにその他の費用です。それは葬式代や墓の購入代、住宅ローンの支払い、子供の教育費、旅行費用などそれを含めて必要保障額が決まります。この金額をすべて保険で準備するのが間違いなのです。保険見直しで考えなければならないことは、まず国と企業の制度でどれだけでるかです。遺族年金や遺族厚生年金、死亡退職金、見舞金などが受け取れます。必要保障額からそれら受け取れるお金を差し引いたぶんを保険で準備するのが保険見直しです。

国の制度と保険見直し

保険に加入するときは何の知識もなく加入してしまいますので、保険見直しをするとなんでこんな保険に入っていたのかとなります。まず勧誘されるときは、少子化で国の年金制度もいつ崩壊するかわからないから、この保険に加入しておきましょうという文句です。これは、よく考えると国が破たんしてしまうリスクが高いのかひとつの保険会社が倒産してしまうリスクが高いのかどちらかを考えればよく分かることです。それなにのに国の年金を未払いにして民間の保険ばかり一生懸命払い続けるのです。まずは、国の保障がしっかりしているのですから保険見直しをする前に、年金の未納がないかどうか免除している時期があるのであれば追納もすることができます。

関連リンク

  • 三井住友海上

    自動車保険に加入すると事故の時でも安心ですよ。1日保険を知っていますか。多くの人が利用しているのでとてもおすすめです。
  • FPナビ

    ファイナンシャルプランナーが三重で大活躍!あなたが気になる今後の生活費を、全て割り出してくれるので見通しがつきやすくなりますね。
  • 保険の窓口・保険相談

    色々な知識を調べることができるようになっています。保険の窓口で評判を確かめておきたいと思っているならサイト見てみましょう。