保険金の金額を相談

死亡保障の考え方について

保険の加入を検討する際に、保険金がどのくらい受け取れるのかその額に注目してしまいますが、多く受け取れればいいというわけではなく、多く金額が受け取れるということは、それだけ多額の保険料を支払わなければならないということになります。結婚している夫婦の場合、旦那様に万が一のことがあった、奥様に万が一のことがあったそれぞれで考えていく必要があります。必要保障額ですが、もし旦那様に何かあって奥様も共働きであれば、必要保障額は専業主婦と比べるとそれほど高くないです。また、葬儀代や墓のあるなしによっても必要保障額は異なります。そして、生活費ですが現在の生活費の70%が必要保障額とされています。それぞれのケースで保障額を計算していきます。

保険で準備をしなくてもよい

必要保障額の計算はとても複雑ですので保険相談専門家にして計算してもらいます。そうすると必要保障額が分かりますので、保険相談することでどの保険でどれだけの保障内容でいいのかが分かります。保険相談をすると最適なプランを提案してもらえます。また、保険相談のメリットはすべての保険で準備をしなくてもよいこです。もし亡くなってしまったという場合は、遺族基礎年金や遺族厚生年金があります。さらには勤めている企業からの死亡退職金や見舞金などもあります。そういったものを含めないで必要保障額を設定していると、保険料が高くなってしまいます。すべてを保険で準備するから高くなります。保険相談をすることで、金融資産で準備できるかも踏まえながら保証プランを設定していきます。